photographer Shinji Nishimura web site
Text Size :  A A A
|  Home  |  Works  |  Gallery1  |  Gallery2  |  Profile  |  Diary  |  Link  |  Contact  |  iPhone App  |

甲斐犬・銀三一家 2018/1/18  

Img_0b4c081d119c55ce1de1adf86c81f743
Img_e9609e60aad2c0d2deb615c8613b4f4d
Img_3e528bb06ac9c8dc06c5c73d9f872235
映画の趣向が近い知人の推薦で、山田洋次監督・西田敏行主演の「学校」「学校Ⅱ」を観た。
夜間中学校や高等養護学校を取り上げた内容で、教師と生徒、生徒同士の交流や学校生活、日常生活を描いた物語
である。
心の触れ合い、思いやりや愛情、優しさが詰まった作品で涙腺はゆるみっ放し、邪心も洗い流してくれる心の栄養素100%
監督、出演者、関係者に感謝のお薦め映画でした。

甲斐犬・銀三一家 2017/12/16  

Img_a01eb24eb53e9eb104f5ef72f0300a27
Img_2a83c5aecc205d552d54a34a85ea9596
Img_a0b474cf59f286c0c3a070396b762a4e
国際的に政治家として相応しくない人物が政治を動かし、国内外の社会情勢は不安、悪化の一途をたどっている。
北朝鮮問題に伴う軍事関連、核兵器廃絶の日本の立場、地球温暖化対策、うやむや状態の森友加計疑惑に
原発事故後の放射能汚染の現状など山積する諸問題。

そんな昨今にワイドショー的ニュース番組は、いまだに大相撲傷害事件、個人の不倫、離婚等、どうでもいい出来事を
飽きずに取り上げている。  視聴率優先であるにしろ、国民の関心をひくのがゴシップ的な話題であるとすれば、
マスコミも視聴者も平和ボケしているとしか思えないのである。

甲斐犬 銀三一家 2017/11/4 西村新二写真事務所

Img_e866e1cb831cea786903e6b432e35378
Img_3ff01cc58e025f1734d37cf95a3ac532
Img_f9025a22c58ef06a7326fa1516078eb4
NHK・BS1でビートルズのアルバム「サージャントペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」の制作過程を
紹介する番組が放映された。
当時では画期的な録音手法や実験的な試みを多用し、時代を飛び越えた感性には、あらためて驚かされるばかりである。
ビートルズの初めて見る映像も多く、受信料にもまあ納得がいく満足100%の番組だった。

これがいいきっかけで早速レコードで聴いてみたが、置物になっていたアンプ・レコードプレイヤーの調子がいまいちで、
なだめすかしながら真空管、レコード針などを取り付け直しなどしているうちに、従来の音質が甦ってきた。

CDすら聴く事もなく、パソコンから流しっぱなしの音が日常になり、生活パターンの変化もあるが、「じっくりレコード鑑賞」
から遠のいていた。  レコード盤に針を落とす行為は気持ち的ゆとりに繋がり、大事なところであると思う。

甲斐犬 銀三一家 2017/11/3

Img_47120029388617ca9192fcef6a7f6b5b
Img_c3fbc614c111ca38759bd851f833bddc
Img_cdb429c169368c0086d9f1a56c0108bc
衆議院選挙も紆余曲折があったが、結果的には若い世代からの支持も多く、安倍政権自民党の圧勝に終った。
スッキリしない気持ちが落ち着いたあとは、想像すらできない猟奇的殺人事件が起こった。
ニュースやワイドショーなどチャンネルを変えても連日この報道ばかりで、気分が滅入る事ばかりである。
自殺願望者と容疑者のネット上だけの繋がりで、おぞましい大事件が容易に起こった気がする。

若者のあまりにも短絡的な思考と行動に危惧するところである。 それは選挙投票にも関連しているのかもしれない。

甲斐犬 銀三一家 2017/10/14

Img_614e943ceccb0210270a6e571c9d39e2
小春
Img_8207f7f2ee2c9393682d80597d79b118
銀三
Img_b6c0bd1142ac3845cdd452bc47a14f89
朝吉
「交通違反じゃないですが、停止して下さい」と、後方から赤色灯を点滅させながら近づいてきたパトカーに、
スピーカーを通し命ぜられた。 平日午後の3時半、交通量が多い博多駅近くでの出来事だった。
防犯の為の職務質問という事で,車内やショルダーバッグ等を、当然の権利だから抵抗しないでねという意識で検査された。

信号待ちでパトカーと並列になった時、窓越しの自分を見た成績アップ点数稼ぎの仕事熱心な若いおまわりさんが、
犯罪の臭いを感じたようである(?)
最初は「車内には覚醒剤くらいしかないよ」などと冗談を言っていたが、運転免許証提示から記録として書きとめます
となった時には、違反もないのに職権を振りかざす対応に、善良な小市民と言えどもいい加減にしてね「怒るでしかし!」
と怒りを込めて阻止した。 まるで犯罪者扱いである。
窓越しに見た運転席の自分が、パトカーを避けている様子だったと言うので「それは警察が嫌いだから」と答えた。